藤野正和さん

(日朝学術教育交流協会会長)

 現在、日本の中でさまざまなルーツを持つ人が活躍する時代になっている。誰もが自らのルーツに誇りを持ち、それぞれの存在を認めあう日本社会を作っていくのが、われわれのありようではないか。朝鮮半島にルーツを持つ在日朝鮮人が日本に暮らす原因は、日本の植民地支配にある。そのことを踏まえるならば、日本政府が民族教育をしっかりと保障し発展させるべきであるのに、これを妨害し弾圧し続けてきたし、その姿勢は戦後一貫して変わらない。
 この幼保無償化の問題は在日の方々の問題ではなく日本社会そのものの問題である。これを解決するのは私たちの義務だ。声を上げ続け、取り組みを続ければ、状況は必ず変わっていく。共に闘おう。

有識者の声.png

© 幼保無償化を求める朝鮮幼稚園保護者連絡会

youho.korea@gmail.com